ホーム >  ツーリングレポート >  関西地方 >  和歌山県 >  嫁と高野龍神スカイラインを走る
嫁と高野龍神スカイラインを走る [地図表示]
2012-5-5 2:24 投稿者: てばさき (記事一覧) [ 55hit ]
今年初の、ちゃんとしたツーリングになります。

そして嫁が後ろに乗りたいというので、初のタンデムツー。
・・・大丈夫かな。

念のため、前日に50kmほどタンデムでウロウロしてみましたが、中々根性はありそうです。
というわけで、和歌山県の「高野龍神スカイライン」を目指してみました。


AM8:00の南海フェリーで、和歌山へ向かいます・・・が

イキナリGWの徳島をナメてました。
めっちゃくちゃ車並んでるし、バイクも20台以上並んでる!

おぉ・・・徳島でこんなにバイクが居るのは初めて見た・・・。

チケット取れるのか不安になり、列を並んでいる間に嫁に走ってきてもらうことに。

間もなく、てってと走って帰ってきて「どうやって買うのかわからん!!」

どないやねん!!


どないかチケットを購入して、船内へ。
二等客室は一杯で、寝転がるスペースもありません。

嫁に横になってもらって、私は座ったままで一眠り。


AM10:00、和歌山港到着。
国道43号線から国道24号線へ道を変え、橋本市方面へ走ります。
途中、道の駅「紀ノ川万葉の里」で休憩し、いよいよ国道480号線で山へ入っていきます。

高野山へ向かう道は、大きく3本あり、480号線、370号線、371号線とあります。
370号線は観光バスが多く、480号線がコーナーが少なそうという理由で選びました。

嫁は、最初こそ、体重移動がワンテンポ遅く、コーナーを十分な速度で進入できませんでしたが
いくつかレクチャーしながらコーナーをクリアしていくと、バイクを倒しても大丈夫になりました。

本人いわく、「怖い! というか膝擦りそう!」だそうですが、膝擦る程倒してませんがな・・・。


高野山頂上付近で、猛烈な渋滞につかまり、坂道をずっと半クラ&ストップで進む・・・。
一番ツラい時間でした。


13:00前にようやく高野山・金剛峰寺の近くに駐車。
精進料理を食べに行く予定でしたが、あいにく物凄い行列。

というか、高野山って凄い観光客が多いんですね。
知りませんでした・・・。

精進料理は諦め、軽食を扱う店でカレーを食べる・・・。


雨がパラパラと降ってきたので、二人でカッパを着込みます。
天気予報では曇りで、麓では暖かいし、雨も降ってなかったのに。
やはり山の天気は良くないようです(念のためカッパを持ってきていて正解!)。


いよいよ国道371号線こと「高野龍神スカイライン」へ向かいます!
スカイラインは、道幅も広く、舗装された綺麗な道で、Rの緩い高速コーナーが続きます。
とても走りやすい!

後で他のライダーさんに聞いた話ですが、地元ライダーの走り屋さんたちは、1ピーkm/hくらいでスッ飛ばすとか。


さて、標高が上がるに従い、霧が発生。
ちょっと側道に停め、嫁に「どーする? 引き返す?」と尋ねても「頑張る」と言うのでツーリング続行。

「ごまさんスカイタワー」へ着く頃には、景色は真っ白。
視界は100mも無い状態に。

ここでストーブにあたって休憩。
ちなみにここでの気温、9℃。

ナイロンジャケットを着ていたので、まだマシですが、大阪から来たという兄ちゃんはメッシュジャケットで死にかけていました。

「この先、ブラインドコーナーが多くて滑りやすいですよ。
 俺、隼が事故って真っ二つに折れてる現場見ました」

と、素敵な助言を頂き、ビビりながら下っていきます。


下りは気分的にも楽。
というのも、下っていくにつれ天気が回復するのです。

霧も晴れ、雨もやみ、気温も上がっていきます。
途中、龍神温泉に行くか迷いましたが、渋滞と濃霧の影響で予定より1時間ほど遅れていました。

雨で濡れた体を温めたかったのですが、残念ながら時間の関係で断念。


16:30
完全に麓に降り、天気も回復。
ようやくカッパを脱いで、国道424号線を走ります。
この道は、先ほどの大阪の兄ちゃんに教えてもらった道で、とても走りやすかったです。

リッターバイクにギャンギャン追い抜かれますが、きにしなーい。
私らはのんびり行きますので、お先にどうぞ、と道を譲ります。


このまま424号線を北上し、貴志駅の「たま駅長」に会いに行きたかったのですが、こちらも時間の関係で断念。
国道43号線へ戻り、和歌山市内へと戻りました。

和歌山市内からは、行きと同じく南海フェリーを利用。


総走行距離250kmの日帰りツーリングでした。

嫁は、雨&濃霧のスリッピーな道路にも泣き言を言わずに頑張りました。
むしろ十分な天候予測が出来なかった自分が申し訳ないくらいですが。

初めてのツーリング、とても楽しかった様子。
「また連れてってね!」とニコニコしてましたが・・・・


嫁よ・・・・


自分でバイクに乗るんじゃなかったのか・・・。
高野山はお寺が一杯
高野山はお寺が一杯
ごまさんスカイタワー周辺は濃霧
ごまさんスカイタワー周辺は濃霧
麓に降りると天気は回復
麓に降りると天気は回復
地図  [KML] [地図表示]
携帯で見る  URLを携帯に送る
この記事の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  次

コメント一覧

tebasaki  投稿日時 2012-5-5 9:49
>Zさま

コメントありがとうございます。
タンデムで、ちゃんとツーリングに行くのは初めてだったんですよ。
前から行きたい、行きたいとは言われていたのですが(^^;

慣れたライダーさんは、ものすごい速かったですよ!
道も本当に良い道なので、そりゃスピードも出るわな、って感じです。
3ケタkm/hは、軽く出ているんじゃないでしょうか。
道を譲って、後からコーナーをクリアすると、もう消えていますからね・・・凄かったです。

でも、道を譲ると、手を挙げてお礼してくれるんです。
シロクマさんの日記にもありましたが、何だかんだでバイクは仲間意識が強いですね。


そうなんですよ、僕も「山は雨降るかも」って思ってカッパを持っていったんです。
いざというときに、あると便利ですね! 正解でした!
tebasaki  投稿日時 2012-5-5 9:38
>シロクマさま

コメントありがとうございます。
そうなんです、頂上付近からの景観は、新緑の季節ですし美しかったでしょう・・・。
見事に真っ白で何も見えませんでしたからね(^^;

ですが、帰りの424号線を走っているときは天気も回復し
山々に降り注ぐエンジェル・ラダーを見せることが出来ました。
こういう美しい風景を見せてあげたかったので、自分としてもギリギリ合格点です。

霧についてですが、北海道も霧が発生しやすいと聞いたことがあります。
目の前に、何かがニュッと現れるのは、恐怖ですよね・・・。
今回も、先のコーナーが見えず、かなりゆっくり下りました。
嫁には迷惑をかけてしまいました・・・。
bktr  投稿日時 2012-5-5 9:38
タンデムは初だったんですね!
しかし雨に濡れても文句言わないとはできた彼女さんですね

>リッターバイクにギャンギャン追い抜かれますが、きにしなーい。
>私らはのんびり行きますので、お先にどうぞ、と道を譲ります。
この精神大事!

やっぱり晴れてても山に登ると雨だったりしますよね
気をつけないと
siro-kuma  投稿日時 2012-5-5 9:05
折角の美味しそうな道と景色が残念でしたね。


>視界は100mも無い状態に。

タンデムでこの状況は恐ろしいですね。
私も昔、ソロで北海道ツーの最中に霧に包まれた事があります。
目の前にダンプがいた事に気付かず(全く見えず)、エアブレーキの音にビックリしてブレーキ掛けたところ、10mくらい先に赤いランプが!
ま、接触せずに止まれましたけどね。
フロントタイヤは荷台の下付近まで潜りましたけど。


奥様、楽しまれたようで良かったじゃないですか。
この小さな積み重ねが「いずれ自分も」って気にさせるんですよ。
GNavi   (based on MyAlbum-P)
サイト内検索
新着ツーリングレポート
行ける今行く!!雨の...
行ける今行く!!雨の...
2017-10-13   POPLAR
北海道ツーリング2017...
北海道ツーリング2017...
2017-10-1   POPLAR
旨い鮨をつまんできた...
旨い鮨をつまんできた...
2017-9-26 
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。