このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

原付(原チャリ)でツーリング

原付バイクをツーリングに使うメリット
原付バイクゆえの制約
原付ツーリングにかかる費用
大きなバイクとのツーリングとの違い
ツーリングに必要な装備
持ち物
ルートの決め方
走り方、原付ツーリングで特に気を付けたいこと
ツーリング向きの原付リスト
原付二種にステップアップ
原付ツーリング、まとめ

ツーリング仲間を探す
各地域のツーリングスポット 全国おすすめ 北海道 東北 関東 中部 関西 中国 四国 九州
いろんなツーリング 原付でツーリング レンタルバイクでツーリング キャンプツーリング 日帰りツーリング


ツーリングというと大型バイク、少なくとも中型バイク、なんて考えがちですが、原付バイクでも楽しくツーリングは出来ます。
もちろん、原付バイクということでの制約はいろいろとあります。が、一方で原チャリならではのメリットもあります。


原付バイクをツーリングに使うメリット
・一般的に、燃費がいい
・街中でも、原付までOKの駐輪場が多い
・とにかく、小回りがきく
・比較的短い距離でも、旅をしている感じがする
・威圧感がないので、旅先で出会う人との間に、垣根をつくらない
・また、ナンバーを見て、「遠くから来たんだね」と驚かれるのも楽しみ
・天橋立のように、125cc(原付二種)までだったら走れる、という道もある


原付バイクゆえの制約
反対に、原付バイクならではのデメリットも、当然あります。
・一人乗りシートで、基本的に荷物が積めない車種が多い
(カブのように絶大な積載性を誇るモデルも、中にはある)
・街乗り用に作られているモデルがメインなので、航続距離が短いことが多い
・30キロ制限なので、警察がこわい
・幹線道路は、交通の流れに乗れないのでこわい
・片側一車線の道路も、無理な追い越しをされがちなので、こわい
・シートやポジションなど、そもそもそんなに長距離を走るように出来ていないので、体に疲れがたまりやすい
・また、小さなエンジンは常に高回転で使うことになりがちなので、その振動や音も疲れの原因になりやすい
・他のライダーから、ツーリングと思ってもらえない
・高速道路やほとんどのバイパスが使えない
・道路や速度の制限のおかげで、距離が稼ぎにくい
・もし万一旅先でナンパに成功しても、二人乗りが出来ない

原チャリでツーリング

原チャリでツーリング


原付ツーリングにかかる費用
原付ツーリングでかかる費用は、基本的に大きなバイクと変わりません。排気量が小さい分、燃費が多少良いくらいです。
他に変わるところがあるとすれば、フェリーを使う場合に安いのと、有料道路の通行料が安い場合があるくらいでしょうか。
ただし、ツーリングに限らずに日常の維持費で見れば、原付はかなり安いです。
まず、年間の税金が2,000円。これが例えば400ccのバイクだと6,000円ですから、1/3で済みます。
自賠責保険料も安いですし、車検も有りません。
また、任意保険も安く、もし普通自動車を持ってる場合でしたら「ファミリーバイク特約」という、自動車の保険に付帯する保険も使うことが出来ます。


大きなバイクのツーリングとの違い
大きなバイクのツーリングとの違いは、大きく3つ。
・大きな荷物が積みにくい
・一気に長距離を走るような走り方が出来ない
・高速道路が使えない
といったことでしょう。







ツーリングに必要な装備
まず荷物を積むための装備が必要です。普段の街乗りに使っているバッグやデイパックでも構いませんが、長時間乗り続けていると持ち重りがして疲れやすくなるものです。
シートに載せることを考えると、ダッフルバッグや防水バッグが便利でしょう。シートや車体への固定は、バイク用のショックコードやツーリングネットが便利です。
また、専用のシートバッグもいろいろと売られています。これらにはたいてい、ゴムやフックなど、バイクに固定するためのデバイスが付属しています。
積んだ状態で荷物を取り出せるなど、使い勝手も考えられているものが多いです。
バッグ以外に、バイク側に欲しい装備はキャリアです。もともとキャリアが付いているバイクも多いですが、無ければ後付けで探してみましょう。
また、最近はプラスチックのトップケースを付けてる方もよく見かけます。
GIVIやモノキーなど、専用のケースは鍵もかかるので、例えばツーリング先でバイクを離れて温泉に入ったりする場合にも安心です。
また、ケースが簡単に取り外せるタイプだと、フェリーに乗る場合にも船室で簡易な金庫の代わりになります。
ただし、ケースのデメリットは、ケースよりも大きな荷物が積めなくなることです。テントのポールなど、ケースに入らない長いものを積む場合には、シンプルなキャリアのほうが便利なこともあります。
そもそも原付は車体が小さく、シートも一人乗り用で、荷物が積みにくいものが多いので、前かごなども利用するなど、色々と工夫して荷物を積みましょう。

フェリー・原チャリ

原チャリ・キャンプツーリング


持ち物
ツーリングの持ち物は、日数や泊まる場所によって変わってきます。
ここではそれぞれのシチュエーションで最小限のものをあげておきます。
・日帰り
 免許証、お金、地図、携帯電話、合羽、タオル
・旅館などでの泊まりがけ
 免許証、お金、地図、携帯電話、充電器、合羽、タオル、着替え、洗面用具
・キャンプ
 泊まりがけの持ち物プラス、テント、マット、シュラフ(最低限のキャンプ装備の場合)
ほかに、夏場だったらサングラス、カメラや釣り道具など趣味に合わせた道具、またキャンプで自炊を楽しむ場合には調理器具なども、積める範囲で持って行くといいでしょう。

なお、パンク修理キットも持って行った方がいい、という意見もありますが、実際に出先でパンク修理ができる人、特にチューブタイヤの修理ができるような人はあまりいないと思います。
トラブルに関しては、工具やキットを持っていくよりも、JAFやバイクレスキューに加入するほうが安心でしょう。
近頃では主要道路沿いではたいてい携帯電話が使えますから、電話一本で駆けつけてくれるサービスは何よりありがたいです。
また、例えばJAFの場合、15kmまでの距離だと無料でバイクを運んでくれます。



ルートの決め方
原付は高速道路や自動車専用道路は走れませんので、当然それらの道路を避けてルートを組む必要があります。 また、できるだけ交通の流れの激しくない道を選びたいものです。
制限時速30キロですから、他の車に抜かれながら走ることになりますが、あまり大きな速度差でビュンビュン抜かれると危ないですし、ツーリングを楽しむ気持ちが削がれてしまいがちです。
交通量が少なく、のどかな景色の中のカントリーロードをゆったりと走る、そういうシチュエーションがやっぱりいいですよね。
ツーリングマップやネットの口コミなどで、できるだけ交通量の少ないのどかな道を探して、それらをつなぐルートを考えると良いでしょう。
また、時間的には、できるだけ夜間走行は避けたほうがいいでしょう。
原付は街乗りをメインターゲットに作られている事が多く、概してヘッドライトは強力ではないので、暗い田舎道はかなり怖いと思います。


走り方、原付ツーリングで特に気をつけたいこと
・航続距離の短さを考えて、早め早めの給油を心がける
・制限速度は30キロなので、とにかく捕まらないようにしっかりと注意をする
・無理に距離を稼ごうとしないで、むしろじっくりと楽しみながらの移動を心がける

原チャリ・キャンプツーリング





ツーリング向きの原付リスト
街乗り向きに作られているものが多い原付バイクですが、中にはツーリングに使いやすいものもあります。それらの一例を紹介します。
・ホンダ カブ
世界最強の低燃費と耐久性を持つ、ツーリング原付の王様。頑丈なキャリアには信じられないくらい荷物が積めるので、キャンプツーリングも当たり前にこなしてしまいます。また、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンも用意されているので、冬の北海道ツーリングも夢ではない、かもしれません。
・ホンダ モトラ
現行車種ではありませんが、前後に頑丈なキャリアが装備された、まさにアドベンチャーなツーリングのための原付です。もしも運よく中古で見つければラッキーでしょう。
・ホンダ ベンリイ
現行モデルのベンリイはオートマチックです。新聞配達などのプロ仕様ですから、雨にも雪にも負けないタフな作りが特徴です。前後に大型のキャリアが装備され、絶大な積載量を誇ります。また、燃料タンクも約十リッターと大型です。グリップヒーターや大型の前かごなど、オプションも豊富に用意されています。
・ヤマハ ギア
ホンダのベンリイとよく似た外見のプロユース原付です。街で見かける配達バイクは、これかベンリイの二つしか無い、と言っても過言ではないでしょう。ヘビーデューティーな作りはまさに働く原付。絶大な積載力と抜群の安定感で、日本中どこまででも走っていける頼れる相棒になるでしょう。
・ベスパ V50S
最後に、あえてイタリア製のベスパ。しかも、マニュアル変速で混合燃料のツーサイクルを選んでしまいました。大変趣味性の高いバイクで、おしゃれだけど壊れやすい、というイメージが根強いです。しかし、よく整備されたベスパは、なかなか壊れません。もともとがイタリアの実用バイクなので、耐久性もあり長く乗れます。しかもシンプルで大雑把な構造なので、とても整備がしやすいです。イタリアでは二人乗りも認められているので、シートもゆったりとしています(もちろん日本国内では二人乗りはNGです)。キャリアや風防など、パーツも豊富に出回っています。操作性や乗り味に癖はありますが、乗りこなす楽しみがあります。また、おしゃれなデザインで女子受けも抜群です。


原付二種にステップアップ
原付でのツーリングに限界を感じ始めたら、原付二種にステップアップも考えてみるといいでしょう。
125ccまでの原付二種は、原付と同じように任意保険のファミリーバイク特約が使え、自賠責保険料も同じなので維持費が低く抑えられます。
また、30キロ制限がないので、交通の流れに乗って快適に走ることが出来ます。 ただし、四輪免許では乗れないので、小型二輪免許を取らなければなりませんが。
このクラスには、ホンダCC110、ヤマハトリシティ、スズキアドレス125など、ツーリングでも快適な魅力あふれる車種がそろっています。


原付ツーリング、まとめ
原付バイクはツーリングに向いていない。そう考えがちなんじゃないでしょうか。 確かに原付は、たいてい街乗りをメインに作られているので、ツーリングに使うには難しい面も有るでしょう。
ツーリングに出ようとして、まず最初にネックになるのは、荷物を積むこと。バイクに荷物を積む場合、一般的なのはリアシートですが、原付は法律上二人乗りが出来ないので、シートも一人分しか有りません。
しかし、キャリアを取り付けたり、前かごを有効に利用したりすれば、その辺りは解決できます。泊まりがけのツーリングはもちろん、キャンプツーリングだって出来ます。
高速道路を使えないので長距離が大変、という意見もあるでしょう。たしかにそれは正しいです。しかし、例えばフェリーを利用すれば、ある程度それはカバーできます。
また、その場合大きなバイクに比べて乗船代が安いのも、原付ならではのありがたいところです。

バイクでツーリングをする、という原点に戻って考えてみましょう。天候に左右されず快適な四輪車や、安全な鉄道などを使わずに、あえてバイクで旅をするということの意味です。
外の世界に身体をさらして移動する、バイクの旅の醍醐味は「爽快さ」と「そこはかとない不安感」ではないでしょうか。そしてそれは、より車体の小さい原付バイクの場合、ひときわ強く感じられるのではないでしょうか。
高速道路を使えない、という制約も、逆に「高速道路という誘惑に惑わされない」と、ポジティブに考えればいいじゃないですか。
高速道路で一気に目的地へ向かうのもいいですが、山道や裏道を探して走るのもまた楽しいものです。道中、プロセスを楽しめるのも、バイクの良さでしょう。
大型バイクでは出来ない旅を味わえることもある、それが原付ツーリングです。

原チャリツーリング

Written By…おじまあきら 

ツーリング仲間を探す
各地域のツーリングスポット 全国おすすめ 北海道 東北 関東 中部 関西 中国 四国 九州
いろんなツーリング 原付でツーリング レンタルバイクでツーリング キャンプツーリング 日帰りツーリング


サイト内検索
新着ツーリングレポート
シーズン初め 千葉県...
シーズン初め 千葉県...
2017-3-26   POPLAR
突然ラーメンが食べた...
突然ラーメンが食べた...
2016-11-3   POPLAR
ドラッグレースが見た...
ドラッグレースが見た...
2016-11-3   POPLAR
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。