ホーム >  ツーリングレポート >  北海道 >  北海道ツーリング2017 PART4「危険すぎる神社 -北斗・江差・せたな」
北海道ツーリング2017 PART4「危険すぎる神社 -北斗・江差・せたな」
2017-8-10 10:38 投稿者: さすライダー (記事一覧) [ 41hit ]
7月14日:晴れ 走行距離:189km

久しぶりの宿は、、、ぐっすり眠れなかった(笑)
やっぱり北海道はキャンプがいいなと思いつつ、宿の利点を生かそうじゃないか!

函館朝市から歩いて5分の宿なので、身軽な格好で海鮮丼を漁りに繰り出す。

予め目星をつけておいた「茶夢」さんで、イカそーめんを食べるはずが、カニ・ホタテ・イクラの三色丼を注文(笑)え?これオマケ?本番じゃないですか?というレベルの付け合わせに驚く。


海鮮丼はもちろん美味しいけど、自他共に認める痩せの大食いの自分が何かおかしい。昨夜から、あまり食欲を感じない、、、普通ならペロッと平らげる海鮮丼が非常に重かった、、、朝からお腹がパンパン。

連日の旅でお疲れなのか?ちょっと心配な僕の胃袋。

それにしても今日も暑い、なまら暑い。ライジャケを羽織るのが本当に億劫だ、ベンチレーション全開でも全然涼しくない。


暑さに文句を垂れながら道南のシーサイドを走っていると、見覚えのある名前の看板を見かけた。「トラピスト修道院」女人禁制の修道院で、修道院へと至る並木道がライダー定番の写真撮影スポット。

今まで行ったことがないので、コレは寄っておくべきでしょう!噂の並木道はとても雰囲気があって、思わずアクセルを緩めてトコトコ走ってご満悦。


修道院は、まるでRPGの世界に迷い込んだかのような荘厳な雰囲気、ここは寄ってよかった。


再び海沿いの道を走り出す、北斗市のキモかわいい(?)ご当地キャラ、ズーシーホッキーに会う予定が、いつの間にか北斗市を過ぎていた、、、どうやら暑くて頭が働いてない模様(笑)


ではせめて、北海道新幹線開通のお祭りムードを味わおうと、木古内の道の駅にバイクを止め、新幹線が通る駅を見学。

とても失礼な話だが、こんな田舎町に(僕は田舎が好きです)到底あるとは思えない立派すぎる駅に驚いた。新幹線が通ると、こんなにも違うのだろうか?人気が全くない真新しい新幹線の駅にて「北海道最南端の駅」の看板で記念撮影。

海沿いの静かな田舎町、賑わって欲しいような、このままでいて欲しいような、旅人の勝手な妄想をしばし思い巡らせた。


ますます暑くなる気温から、逃げるように渡島半島の西側を目指す。僕は知っている、渡島半島の西側は気温が低いことを、天候が東より悪いことも、、、

案の定、渡島半島の西側の江差に出ると、暑さはかなり和らいだ気がした。空は曇り、青い空は嬉しいが、今日はこのくらいが丁度いい。


江差のご当地ベーカリー「Becky」にてランチタイム。
ベッキー、、、去年は色々賑わったのだろうか?(笑)そんな事を頭に浮かべながら、美味しいパンを頬張る。

さて、例の場所まで60km、どうしようか?時間的にどうだろう?いや、考えるよりGOだな。


自由気ままな一人旅だが、今日はどうしてもチャレンジしたい場所がある。急ぎ足でGS号を走らせ、途中セイコーマートで飲料を購入!これで準備はいいんじゃないか?

飛ばしている気は全くないのに、、いつも目的地に予想より早くたどり着く我が愛車。おかげさまで目標の15時前にその場所にたどり着いた。


ここは、噂通りヤバい場所だな!辺り一面に漂う「最果て感」がそう物語っている。

「太田山神社」別名「北海道で一番危険な神社」日本で一番危険という噂もちらほら。山というより、崖の上にある神社までの道が超過酷な事で有名。


前から興味はあったが、ここ数年は道南地域へ行っていなかったプラス、いつもは一緒に北の大地を旅する妻が今回はお休み。ここは漢一人で挑みたい場所なので、まさに今回は願っても無い機会なのだ。

折りたたみ式のバックパックに熊よけ鈴、セイコーマートで買った飲料を背負っていざ出発!


出だしから、まるで垂直なんじゃないか?と思える超急な階段攻撃!すかさず険しい登山道攻撃!ロープをよじ登る攻撃!普通の登山ならクライマックスの波状攻撃に、身体中の生気がどんどん奪われていく。

しかも、今年の北海道の暑さが身体中の水分をどんどん奪っていく。言葉通り「身体中の汗が」全部放出したんじゃないか?僕は大丈夫なのか?


それでも、そこにある「達成感」を求めて歩き続けた先に待っていたラスボスは、絶望をプレゼントしてくれた。垂直に佇む岩肌に、無骨に垂れ下がるゴツいチェーン、命綱無しの決死のクライミング。

この先にゴールはある、それは分かっている。でも、落ちたら恐らく普通に死ねる(本当に)見た目は華奢だけど、タフガイを自認する僕もこれはかなり悩んだ。

悩んだ末に進む事を決意したが、それでも震えが止まらない、一歩一歩確実に、下は絶対見ない。


そして、それは僕の目の前に飛び込んで来た。
太田山神社、僕は北海道で一番危険な神社を無事に制覇した!曇天なので、あまり眺めは良くない、肝心の神社もとても小さい、だがしかし!

そこには「達成感」という最高の宝物が確かに存在した。


たった今、必死に登って来た断崖絶壁を見下ろしながら「これが悟りってやつか、、、」何か想うものがあった。そういう意味では、やはり太田山神社、凄い場所なのかもしれない。

往復約3時間、僕は無事に愛車の元に戻って来た。僕は大好きだ、長い間歩いた後に、バイクで一瞬でその距離以上を駆け抜ける瞬間が!体に翼が生えたその瞬間が!


太田山神社から、せたなの町にあるキャンプ場までの道。
眩しい夕日が僕と愛車を照らし、今日という旅路への祝福のように感じた。


→北海道ツーリング2017 PART3はこちら
→北海道ツーリング2017 PART5はこちら
北海道 /  )
修道院への並木道
修道院への並木道
北海道最南端の駅
北海道最南端の駅
大田神社の険しい登山道
大田神社の険しい登山道
ホームページURLhttp://www.sasu-rider.com
バイクで旅するメルマガhttp://sasurider-mail.com
北海道旅ブログhttp://www.around-hokkaido.com
Twitterhttps://twitter.com/FreeRider0420
Facebookhttps://www.facebook.com/SasuRider
Instagramhttps://www.instagram.com/sasurider0420
YouTubehttps://www.youtube.com/user/xelder1982
携帯で見る  URLを携帯に送る
この記事の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 55    

コメント一覧

GNavi   (based on MyAlbum-P)
サイト内検索
新着ツーリングレポート
行ける今行く!!雨の...
行ける今行く!!雨の...
2017-10-13   POPLAR
北海道ツーリング2017...
北海道ツーリング2017...
2017-10-1 
旨い鮨をつまんできた...
旨い鮨をつまんできた...
2017-9-26 
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。