ホーム >  ツーリングレポート >  関西地方 >  京都府 >  イージス艦を求めて 舞鶴海上自衛隊基地ツーリング
イージス艦を求めて 舞鶴海上自衛隊基地ツーリング
2017-7-3 18:51 投稿者: okay (記事一覧) [ 29hit ]
6月上旬。職場のミリオタの同僚から、京都北部の舞鶴市にある海上自衛隊基地にて、港に着港してるイージス艦などの艦船を無料で見学できる一般公開イベントを毎週末やってるとの情報を聞き、早速その週末にツーリングで行ってみました。

舞鶴までは大阪の自宅からおよそ120km。高速を使わずとも行ける距離なので、今回は下道オンリーで向かいました。目的地でお昼ご飯を食べようと思ったので、今回は午前10時ごろの遅めの出発。大阪の中心部からR423をひたすら北上し、中国自動車道で伊丹市に向かいそこからR173でまたひたすら北上。
R173は京都の山間部を突っ切る田舎の国道ですが、付近にはそれなりに住宅がちらほらある為かとても整備が整っていて、道幅も十分にあり、のどかな風景を楽しみながら快適に走れる道でした。
R173の終わりにある綾部市からR27に入り、そこらから舞鶴市に突入。

およそ3時間ほどノンストップで目的地に到着。基地には一般人が止められる駐車場がなかったので、近くの赤れんがパークという施設の無料駐車場に向かいました。
このパークも有名な観光地らしく、明治時代の旧海軍が軍事用品を保管する倉庫として使っていた施設で、2008年に国の重要文化財に指定されたらしいです。
その名の通り、赤いレンガで出来た倉庫がいくつも並んでいて、ノスタルジックで落ち着いた雰囲気があります。倉庫の中にミュージアムやレストランなどがあり、ちょうどお腹も減っていた為港に向かう前にこちらで「海軍カレー」を食べました。

食事を済ませた後、赤れんがパークから徒歩で舞鶴基地の港へ。港までは15分くらい歩いたと思いますが、途中で何台ものバイクとすれ違い、赤れんがパークの駐車場に入っていく所を見ました。おそらくみんな艦船を見に来たんだと思います。

港の入り口には白い制服を着た海兵さん立ちが受付案内をしていました。もうこの時点で港に止まっている艦船がかなり近い距離で見える。ワクワクしながら受付を済ませて入場。

入場してまず驚いた事は、着港している船の数が多い!最初にこの一般公開の話を聞いた時は1隻だけ見れるものと勝手に想像していましたが、大小含めて10隻ほど停まっていました。
目と鼻の先にある艦船はどれも迫力満点。写真などで見るよりもはるかに大きく見えました。
中でも特にイージス艦である「ひゅうが」の大きさは圧巻。おそらく全長200mくらいはあるのかと思います。写真撮影OKなのでひたすら艦船の写真を撮り続けていました。

出来れば愛車を近くに止めてひゅうがと2ショット撮りたかった、、。ですが、無料で見学できる事を考えるとこれでも大満足。

1時間ほど見学を楽しんだ後、まだ時間は午後3時を回った所でしたが今回のお目当ては見れたので帰路につきました。
舞鶴で給油した後、行きで来た道を戻る形で南下。173号線の途中少しお尻が痛くなってきたので、京丹波町付近にある道の駅:瑞穂の里さらびきで休憩。
夕方の時間帯でしたがお客の数は多く、地元で取れた野菜市場コーナーにはそれなりの人が集まっていました。
休憩を終えR173⇒R423で大阪へ。自宅に着いたのは午後6時半。行きと同じように3時間ほどで到着しました。

あまり計画を練らずに衝動的に行った今回のツーリング。ミリタリー系の物には興味のない私でも、艦船を目の前にすると大興奮でした。距離的にも大阪から遠くはないので、関西圏の人にとって日帰りツーリングにピッタリだと思います。

総走行距離 240km
 / 京都府 )
イージス艦「ひゅうが」
イージス艦「ひゅうが」
大小様々な艦船が見れます
大小様々な艦船が見れます
赤れんがパーク
赤れんがパーク
ホームページURLhttp://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/
携帯で見る  URLを携帯に送る
この記事の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)
カテゴリ内ページ移動 ( 7  件):     1  2  3  4  5  6  7    

コメント一覧

GNavi   (based on MyAlbum-P)
サイト内検索
新着ツーリングレポート
未踏の林道にチャレン...
未踏の林道にチャレン...
2019-5-20 
ドラッグレース観戦
ドラッグレース観戦
2018-7-21   POPLAR
行ける今行く!!雨の...
行ける今行く!!雨の...
2017-10-13 
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。