ホーム >  ツーリングレポート >  中部地方 >  三重県 >  “すすきの大海原” で “さんま寿司”  深まる秋をツーリング (^^♪
“すすきの大海原” で “さんま寿司”  深まる秋をツーリング (^^♪
2014-11-21 17:24 投稿者: mobarider (記事一覧) [ 31hit ]
だんだん肌寒くなり、秋も深まってきましたねー
紅葉ツーリングには最高の季節なんですが、快適に走れるのもあと少し…

「本格的に寒くなる前に走りだめをしよう!」 っということで、
今回は、秋を感じに奈良と三重へバイクを走らせました。


出発は11月8日の土曜日。
お昼は「尾鷲で新鮮な魚介!」 っと決めていたので、
まだ薄暗い朝の5時に出発です。

阪神高速から南阪奈道路を走り、葛城ICで降りた後は、
国道169号を南へズーっと下ります。

とちゅう国道425号で尾鷲に向かうはずが、土砂崩れのため通れず…
なので国道309号〜県道737号を走り新鹿に到着。

天気が良かったので、青空が広がる新鹿海岸で少し休憩 (*^_^*)
のんびりしたあとは、国道311号を海沿いに走り11時前に尾鷲に到着しました。


お昼は“魚処 豆狸”さんへ (^o^)/

狙いはズバリ“海鮮ユッケ丼”!
ネットで見つけた時からの一目惚れ。 丼ぶりにのった魚介が輝いていたんですねー

今回はカンパチ、アジ、カツオなど、その日に水揚げされた鮮魚たち…
このお刺身たちに、コチジャンとゴマ油のタレが絡みます。

ピリ辛味のタレにプリプリのお刺身、
そしてゴマ油の香りが鼻から抜けてウマー (^○^)

尾鷲でとれた魚介類を中心にした丼ぶりには、
赤だしお味噌汁と、お漬物が付いて980円。
コスパも文句なしでした。


そして次に向かったのが、紀伊長嶋の“与太呂寿司”さん。
国道42号を北へ少し走れば到着です。

さっそく創業昭和41年の自慢の品“さんま寿司”を注文。

さんまは、秋から冬にかけて三陸沖から熊野灘に下るうちに、
脂肪が抜けてさっぱりとした味になるんだとか。

それを開き、ダイダイ酢でしめて、
すし飯を抱かせれば“さんま寿司”の出来上がり。

「まだ食べんのかーっい!」 っという突っ込みは置いといて、
“さんま寿司”は、持ち帰りにしてもらいましたー(*^_^*)


このあとバイクは、
国道42号−国道388号を走り、和歌山街道(国道166号)を西へ

途中で県道28号に入り北上、伊勢本街道(国道369号)に出てからは東へ走り、
長い直線を走れば目的地の曽爾高原はもうすぐです。

そう、曽爾高原の“すすきの大海原”で“さんま寿司”にかぶりつき、
「目と口の両方で、秋を堪能しよー」っという訳です (#^.^#)

雲が出てきて薄暗い微妙な夕暮れだったんですが、
“すすきの大海原”でパクリ。

洋からしと白ゴマがアクセントになった“さんま寿司”は、
少し辛味があるのですが、さんまの食感は…
えーっと酒のあてにピッタリだと思います。

少しすすきのシーズンを過ぎていたのですが、
“すすきの大海原”で食べた“さんま寿司”は、秋を十分に感じさせてくれました。

お腹が秋で一杯になると、辺りが暗くなる前に退散。
国道369号を西に戻り、名阪国道−西名阪自動車道−阪神高速で帰ってきました。

冷えた体をお風呂で温めてから、
もう1つ買っていた“さんま寿司”とビールで晩酌 (^^♪
いやー いいツーリングでした。


ブログもあります。 “すすきの大海原” で “さんま寿司”  深まる秋をツーリング (^^♪

与太呂さんの“さんま寿司”
与太呂さんの“さんま寿司”
尾鷲 魚処 豆狸さんの“海鮮ユッケ丼”
尾鷲 魚処 豆狸さんの“海鮮ユッケ丼”
曽爾高原のすすき
曽爾高原のすすき
携帯で見る  URLを携帯に送る
この記事の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)
カテゴリ内ページ移動 ( 5  件):     1  2  3  4  5    

コメント一覧

GNavi   (based on MyAlbum-P)
サイト内検索
新着ツーリングレポート
ドラッグレース観戦
ドラッグレース観戦
2018-7-21   POPLAR
行ける今行く!!雨の...
行ける今行く!!雨の...
2017-10-13   POPLAR
北海道ツーリング2017...
北海道ツーリング2017...
2017-10-1   POPLAR
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。